2018年6月21日木曜日

第94回編集会議(2018年6月21日)

開催日時:2018年6月21日(木)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ(ヨシュア3:1-3)

新改訳2017では「三日後」。新改訳第3版や新共同訳では「三日たってから」。「三日たってから」の方が時の流れを感じる。数字を大切に見てきた。聖書には時が流れている。創造の7日。一度にではなく7日かけて。荒野の40年。40年間、不平不満を言い、心をかたくなにした結果、せっかくエジプトを出たのに第一世代は砂漠に屍をさらした。何より、モーセ自身が約束の地に入らない。ヨシュアは若く、モーセの従者。本文は、新しい指導者として立てられたヨシュアが、モーセさえできなかった役割をいよいよ果たして、民が約束の地を目指し、出エジプトの際の紅海と対応して旅の終わりにヨルダン川を渡っていく。それがいよいよ実行されていくのが3章、その転換期に当たる。

しかし準備が備わり、すぐに出発すればよいのに「三日たってから」。ヨシュアは3日の間、何を考えたか。時の経過、これは非常に重要。創世記25章で、アブラハムの子イサクが、子どものできない自分の妻のために祈る。イサクはアブラハムに比べれば地味な存在。ところがこの点では、自分の一人の妻リベカのために20年近く祈る。

聖書の中にある時の流れ。イサクの祈った20年の時の流れは、私たちの時の流れと異質ではなく、まったく同じ。それは、聖書の読み方において非常に重要。ヨナも魚の腹の中で3日を過ごした。私たちにとっての3日とまったく同じ実存としての3日間、ヨナは魚の腹の中で祈った。

詩篇31:15「私の時は、御手の中にあります」。時というものは御手の中にある。神の手は非常に細かく、力強い。私たちにとって時とは、無人格的なものでなく、まさに天と地を創られた神様が創られたものとしての時。クリスチャントゥデイの歩みを主が導いておられるとは何か。「三日たって」という時の経過。昨年からの一連の流れ、特に2月から3月の時、そして4月、5月があった。そして6月の前半、後半。新しい執筆者が一人また一人と現れている。年を重ねて確信がますます強くなる。6月前半と後半、2018年の前半と後半、年度で捉えると1月から3月。時というのは、単にスケジュールの意味だけでなく、時を数える知恵がある。寝かしておくことも大切で、時を経過させるときに発酵する。

発明型の祈りか、発見型の祈りか。調味料を振りかけるように最後に祝福を祈る歩みに対して、発見する祈り。それは、金塊を発見する砂金採りに近い。岩があっても砂があっても、その中から主の金塊を見いだしていく。月2回の編集会議も、会議と会議の間の時の流れの中で、まさに主の御手の中で発酵していく。その働きを私たちが感じるということは非常に重要なこと。リンクを張っていくとは、立場が違っても、主の御手の中で時を覚えるのと同じく、深い信頼をもって共労していくこと。

(2)前回議事録確認
(3)取材スケジュール確認
(4)寄稿者・コラムニスト候補確認


宮崎賢太郎先生の著書にクリスチャントゥデイが!


先日、青木保憲先生が書評を書いてくださった宮崎賢太郎先生の新作『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』に、クリスチャントゥデイの記事が「参考文献」として掲載されていました。

こうして記事が用いられるのは、うれしいことです。宮崎先生が参考にされたのは、下記の2つの記事です。


1つは、東京基督教大学の世界宣教講座で行われたトマス・ヘイスティングス博士の講演についての記事。

“西洋的・知的”なキリスト教から“日本”のキリスト教へ 日本におけるキリスト教宣教の分析と3つの提案(1)

もう1つは、CJC通信提供の下記の記事でした。

キリスト教は今やアフリカの宗教に

よろしければ、宮崎先生の著書と一緒にクリスチャントゥデイの記事もぜひお読みください!


2018年6月8日金曜日

第93回編集会議(2018年6月8日)

開催日時:2018年6月8日(金)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ(1コリント9:23)

万代恒雄牧師の言葉、「宮村君、イエス様のためなら、悪いこと以外何でもしような」。悪いことでも教会のためならばしてもいいという落とし穴がある。はっきり注意したいのは「悪いこと以外」。悪いことと良いことがある。絶対してはいけない、絶対しなくちゃいけないという基準がある。それをどのように実践していくか。24節。聖書をメガネに見たときに、すべてのものが明らかになってくる。この徹底した「何でもしよう」という献身の思いの必要性と、一方でそのブレーキとしての善悪の基準。何でもしていいのではない、「悪いこと以外」。キリストのために何でもするという志と献身、そして修練。競技者のように修練をする思いで勉強し続ける。本当の意味で学ぶ、訓練する、自己管理する。私たちは、そういう人を抱え込むのでなく、リンクを張っていく。人事で縛らない。しかし、志のためには堅くつながる。6月から8月、とても大切な時期を迎えている。目に見えるかたちで質が変わってくることを、7月、8月の歩みの中で経験していきたい。パウロは私たちとまったく同じ課題にぶつかっていた。

(2)前回議事録確認
(3)アクセス報告
(4)取材スケジュール確認
(5)寄稿者・コラムニスト候補


2018年5月25日金曜日

第92回編集会議(2018年5月25日)

開催日時:2018年5月25日(金)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ(詩篇121:4)

「見よ」と出てきたら注意するようにと教えてきた。「イスラエルを見守る方」とは、明らかに人格を表す。カタカタ信仰か、コトコト信仰か。コトコト信仰ではだめで、カタカタ信仰。「お方」なんだ。単なる知識の量的な多い少ないでなく、出会いの問題。そのお方が私たちに呼び掛けられ、私たちが応答していく。あなたを見守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。否定形が聖書に用いられるのは、非常に重要なことを言っているとき。あるという事実、もしくはその可能性がある。すでに眠ってしまっている古代オリエント世界の神々は眠る神であって、それとは全然違う。神ご自身は、まどろむことがなく、眠ることがない。逆に人間は、どんなことがあっても寝なくてはいけない。寝る人間と、まどろむことなく眠ることのない神。神と人間との違いを聖書は語っている。イエス様が人間になると眠られる。船の上でも。

アブラハムは、もとは偶像礼拝者。偶像礼拝者の中から呼び出され、祝福されたアブラハムは、他者の祝福のために用いられる。「イスラエルを見守る方」、これをなぜ私たちが読むか。また、どう読むか。「クリスチャントゥデイを見守る方は」と読まなければ、聖書を書いた目的にならない。現実のイスラエルを言っているのか。最初にアブラハムを召し出したときを考えると、神はアブラハムを世界の祝福のために用いる。クリスチャントゥデイがどれだけアクセスを伸ばすのか自体が問題ではない。主を知らない人にどれだけ主を知らしめるか、その目的に立つとき、私たちを見守る方がおられる。クリスチャントゥデイを見守る方は、まどろむことなく、眠ることがない。私たちを黙らせようとするなら、石が叫び出す。そういうお方に守られているから、どんなことをしても無駄にはならない。人の祝福のために。それこそイスラエル。クリスチャントゥデイについてもまさしくそのまま適用できる。

日本の新聞ジャーナリストたちが受け継いできた倫理、それをどのように考えるか。私の見るところ、それと真っ向から対立するキリスト教メディアの現状がある。そういった事実判断をしながら、なおこの告白、「イスラエルを見守る方は」。ジャーナリストの内村の継承をどういう面でするか。「聖書をメガネに」は単純に見えるが、守備範囲は広い。

(2)前回議事録確認
(3)取材スケジュール確認
(4)寄稿者・コラムニスト候補


2018年5月11日金曜日

第91回編集会議(2018年5月11日)

開催日時:2018年5月11日(金)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ(出エジプト20:16)

恵みをどのように悪用すると聖書は言っているか。事実判断はできるだけ正確にしていく。例としては、今回K新聞が出した記事。見ている人にはその内容があたかも事実のように映っていく。これは偽証。「クリスチャントゥデイ元編集長」はうそではない。しかし、何が書いてあるかだけでなく、なぜ、いかに書いてあるかを見る。「元編集長」となぜ書いているか。自分を何者かのごとくに見せている。しかし、彼が編集長をしたのは1年間。特に、彼が12月から1月の倒れる直前までに見せた、聖書以外のものを恐れる態度。編集長として絶対に取ってはいけない態度だった。彼が2月以降も残るなら、私が辞めようと思っていた。

こだわるのは、彼が2月に出した従業員声明。「内部告発」という言葉は使うが、実質は違う。なるべく名前を出さずに被害を最小限に抑えようとするのが内部告発だが、名前をずらずらと並べている。ある人は、内部告発の一般的な印象があるから、検証もしないでそのまま受け止めてしまう。

(2)前回議事録確認
(3)アクセス報告
(4)取材スケジュール確認
(5)寄稿者候補


2018年4月27日金曜日

第90回編集会議(2018年4月27日)

開催日時:2018年4月27日(水)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ(出エジプト20:16)

4月から編集会議について3回連続で書いている。2回目まで出して、3回目は新聞の倫理規定について書く。新聞社同士が協力するという内容がある。そのことを問い掛ける。もう1つは、偽証。事実と違う。それは驚くべきことではない。十戒でもわざわざ取り上げており、新約に入れば、イエス様は偽証で訴えられて十字架につけられた。最初の殉教者ステファノも偽証で訴えられた。偽証は、本当のこととうそが混ぜられている。聖書をメガネにしてこの問題を見ていかなければならない。恵みが先行するが、それを悪用する。どうやって悪用するか、それを聖書は何と言っているか。聖書はそれがなくなるとは言っていない。しかし、うそをついてはいけない。一人一人の態度を編集会議の中で確立していくべきではないか。今回のことは非常に残念な経験だったが、そこから学ぶべき点がある。戦略的にははっきりしているが、戦術的な備えも大切ではないか。まったく無視をするのでない。事実、それを信じ込んでいる人がいる。彼らをどうやって解毒するか。

(2)前回議事録確認
(3)取材スケジュール確認
(4)今後の予定


2018年4月11日水曜日

第89回編集会議(2018年4月11日)

開催日時:2018年4月11日(水)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ(黙示録1:8, 22:12-13)

本文から2つのことを取り上げたい。1つはアルファでありオメガ。ポイントは、中間のことについて、主なる神様の絶対的な主権を明言していること。パトモスから天に昇っていく。パトモスで見るべきことを、同時に天にあって見ていく。何を見ていくかというと、地上で行われるさまざまなこと。新天新地の希望、そこから見ていく。そこに本当の忍耐が生じる。天だけでなく、天と地。聖書の中で天とは何かは大きな課題。それをしっかり考えないと、聖書のいう現実性がなくなってしまう。確信を持っているのは、天を創られたお方がクリスチャントゥデイを導いておられる事実。核心は、天の創造と切り離さないこと。そうでなければ、その時の状況で左右されてしまう。

今回の「福音主義神学会」の第二の論文を執筆した山口希生(のりお)氏。「宇宙的な力としての罪」との題で、パウロが宇宙の完成を考えていることを取り上げているのはとてもうれしい。新天新地に至る宇宙的な救いの計画、それと体が贖われていくこと、その両方がとても大切。トマス・トランス著『空間・時間・復活』。主の復活と私たちの生活を、ギアを変えないで考えていく。目に見えないものと目に見えるものとの微妙な関わりを大切にしていく。大きな視野がないと、どこかおかしくなっていく。創造の神学を非常に重要に、それと同時に、新しい天、新しい地、宇宙を考えていく。宇宙を考える手掛かりは、人間の体をトータルに考えていくこと。

聖書をメガネに、クリスチャントゥデイの現場でリアルな具体的な信仰の実践をなしていく。インターネットという目に見えない中で、しかし目に見えるものを確信していく。紙の媒体は絶対必要。紙の媒体を大きく広げる、今までにない効率的な方法を実践するためにインターネットを活用する。その合体。ニュースの出し方においてもフェイスブックとホームページの使い分けなど、考えるためのいろんな材料が聖書の中にある。聖書をリアルに考えると、日常生活が本当に聖書の世界となっていく。黙示録の著者も読者もそれを自然に考えている。そのリアリティーをクリスチャントゥデイでなんとか実現させたい。それには、記事がある具体性をもって人の心に届き、それがニュースになっていくこと。

著作集の7冊目が出そう。約50年前に書いたテサロニケ1、2を中心に、ペテロ、ガラテヤ。全体の題を「福音の力と事実」とした。福音というのは本来そういうもの。力の、事実の、そういう記事を書く。空想でない、おしゃべりでない。3人で意気軒昂(けんこう)。結実の実を結ぶ80代。いろんな人がこの編集会議に陪席して、私たちがいろんなことを吸収していく。読者が見えないかたちでいるけれど、見えるかたちで編集会議に来られるように。次々に思いを超えた人たちが起こされることを望んでいきたい。

(2)前回議事録確認
(3)取材スケジュール確認
(4)アクセス数報告
(5)サポーター・寄付者報告
(6)ペンテコステメッセージ候補