2019年1月25日金曜日

第106回編集会議(2019年1月25日)

開催日時:2019年1月25日(金)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ

幸いな者、悪しき者の謀(はかりごと)に歩まず、罪人の道に立たず、嘲(あざけ)る者の座に着かない人。主の教えを喜びとし、その教えを昼も夜も唱える人。その人は流れのほとりに植えられた木のよう。時に適って実を結び、葉も枯れることがない。その行いはすべて栄える。(詩編1:1-3、聖書協会共同訳)

聖書の中で詩編が特別な位置を占めていることは、私たちの経験、また他の人の経験からも言われていること。150編のどこをいつ読んでも、前後関係や歴史的な関係にとらわれずに読むことができる、聖書中の聖書といえる。

「聖書、聖書」と、聖書ばかりを言うと、何か狭いような感じをしないでもない。しかし「聖書と私」という関係は変わらないが、その同じ聖書を信仰の先輩、先達たちが読み、同じ聖書を違う環境、違う時代で読んでいたことを覚えるとき、聖書を読むことによって、異なる時代の人々との交流が出てくる。

例えば、内村鑑三がマサチューセッツ州のアマースト大学に行く前、私よりも100年近く前に、私が学んだゴードン神学院(現ゴードン・コンウェル神学校)近くの海岸を訪れ、自分の罪を海深くに沈めたと語っている。その海岸を訪れたとき、時代は違うが内村鑑三を見る思いだった。すごく深みがあった。聖書も同じく、そのように時代を超えて読むことができる。

詩編であれば、カルヴァンの注解を非常に愛している。カルヴァンを堅苦しいと言う人もいるが、ディボーショナルな読み方をしていた。さらに、アウグスティヌスの詩編の読み方、現代の月本昭男先生の詩編の読み方・・・と、同じ聖書を読むことで、場所・時代を超えた交流が生まれる。

2節に、御言葉を昼も夜も読むことが書かれている。そして、そのような人は「時に適って実を結」ぶと。詩編は言葉だが、それが実となり、行いとなり、出来事となる。

そのような人は川の「流れのほとりに植えられた木」のようであり、周りがどんなに乾燥していても、実を結ぶための水がある。私たちも、その生活が不毛な環境にあるように見えても、いのちの御言葉を持っている。私たちもまた、先達と同じように御言葉を読んで実を結んでいく。

クリスチャントゥデイの一人一人の交わりは、この御言葉による交わり。御言葉を読み続けていくことによる交わり。

(2)前回議事録確認
(3)取材スケジュール確認
(4)宮村師コメント


2019年1月11日金曜日

第105回編集会議(2019年1月11日)

開催日時:2019年1月11日(金)
開催場所:岩本町事務所

(1)宮村師メッセージ

なぜなら、あなたがたには、キリストを信じることだけでなく、キリストのために苦しむことも、恵みとして与えられているからです。(フィリピ1:29、聖書協会共同訳)

「キリストを信じること」だけでなく、「キリストのために苦しむ」ことも恵みであるとある。私はこれを「喜び」と「苦悩」の関係で考え、よく「二重の恵み」と言ってきた。聖霊ご自身の賜物としての喜び、聖霊の実として与えられる喜びは、一切の条件に左右されないものであり、潜在意識の中に与えられる。だが、喜びで完結するのではなく、「キリストのために苦しむ」ところまで行く。

具体的には、キリストご自身の関心事である世の苦しみに寄り添うこと。キリストにある喜びは無条件に与えられるが、その信仰や恵みをそこで留めてしまう、あるいはそれを自己目的としてしまうのではなく、「キリストのために苦しむ」ところまで行く。これまでも「喜びと苦悩は両立する」と言ってきたが、そのように。

クリスチャントゥデイの具体的な目的は、現実社会にある喜ぶ者の喜び、泣く者の涙を伝えることで、読者が「喜ぶ者と喜び、泣く者と泣く」(ローマ12:15)ようになること。そして、そのような「管」としての役割だけではなく、クリスチャントゥデイ自身も「喜ぶ者と喜び、泣く者と泣く」こと。

(2)前回議事録確認
(3)取材スケジュール確認
(4)アクセス報告
(5)「聖書をメガネに」での書評掲載の予定確認


2019年1月1日火曜日

2019年 新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。旧年中も皆様方の温かいお励ましとご支援、ご加祷を賜り、厚く御礼申し上げます。

皆様方にご支援いただき、弊社は本年、創業17年を迎えます。スタッフ一同、福音宣教の前進のため、一層の祈りと努力とを怠らず、皆様方のご期待とご信頼にお応えしていきたいと願っております。

本年も、より一層のご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2019年1月1日
株式会社クリスチャントゥデイ
スタッフ一同