2017年11月20日月曜日

感謝できない時に感謝できること 中橋祐貴

主の御名を賛美いたします。

私は小学3年生の時に不登校になりました。優しいクラスメートが手紙をくれたり、自宅を訪問してくれたりしたおかげで、ある時から学校へ行けるようになりました。

その友達は、アメリカ人宣教師が開拓した近くの教会に通っていました。そのクリスマス礼拝に誘われて、兄弟でドキドキしながら行ったことを覚えています。すると、宣教師夫妻が満面の笑顔で私たちを迎えてくれたので、すぐに打ち解けることができました。

その友達が福音を伝えて、愛の心で接してくれたおかげで、今の私があります。こうして私は、そのまま教会につながり、小学校6年の時に弟と一緒に洗礼を受けました。教会に導かれて明るく変わっていく私を見て、両親も間もなく受洗しました。

私は、最愛の父を20歳の時に病気で亡くしました。熱心なクリスチャンだった父の姿を見て、多くを学びました。父は、「クリスチャンの特権は、感謝できない時に感謝できることだよ」と私に話してくれました。この言葉が強がりや自虐的な生き方に感じた時もありました。しかし、確かに私の38年間の人生は波乱万丈でいろいろなことがあり、常識的には決して感謝、ハッピーには思えません。しかし、私の周りには常に教会の牧師をはじめ、神の家族がいて、友人や助け手がいました。妻の存在も大きいです。こんなに弱くて小さな私ですが、ただただ神様の愛ゆえに生かされ、今があるのだなと感謝でいっぱいです。

私がよかったなと思うのは、クリスチャントゥデイの仕事の中で、たくさんの方にイエス様のすばらしさを伝えられることです。絶望の中にある方、悲しみに直面している方、逆に毎日が充実している方、どんな方であれ、神様の御言葉は必要です。伝え続けなければなりません。

荒んだ世の中となり、世界は争いが絶えず、1度たりとも戦争が起きなかった日はいまだかつて地球上でありません。私はクリスチャンとして隣人を愛するという聖句を覚えて、家庭から平和を作り上げていきたいと思います。

主イエス・キリストこそ私の主、私の神様です。

感謝しつつ。