2017年6月16日金曜日

ネットを通して良い知らせを告げ知らせる人、募集中です

クリスチャントゥデイでは新規プロジェクトの立ち上げのため、大わらわの日々を送っています。そんな中、阿久戸光晴(あくど・みつはる)先生が編集会議に加わってくださいました。聖学院の院長と理事長を務め、現在、日本基督教団滝野川教会の牧師をされています。近日中に先生による論説を掲載する予定です。お楽しみに。


ところで、クリスチャントゥデイでは記者を募集中です。

現在、守田と坂本という女性記者が取材して記事を書いています。事務所では、社長の矢田がコラム、編集補佐の内田が国際記事、編集長の雜賀が記者の記事を編集しつつ、新規プロジェクトの仕事をしています。男性の営業マンに中橋がおり、フリーランスの池上さんにも手伝ってもらっています。

しかし、毎日、この人員で記事を更新し続けるのは、とてもハードです。というわけで、「ぜひこの働きに新しく加わってくださる人を与えてください」と皆で祈っているのです。

クリスチャントゥデイは1カ月に40万ページビュー、つまり毎日、1万人以上もの人が見てくださるキリスト教ニュースサイトに成長しました。2002年にクリスチャンの若者によって始められたキリスト教界のベンチャーです。日本には「キリスト新聞」「クリスチャン新聞」「カトリック新聞」という紙媒体での老舗のキリスト教新聞はありますが、インターネットでキリスト教ニュースを毎日配信しているのはクリスチャントゥデイだけです。しかも、見てくださる方の数が圧倒的に多く、この15年の間にずいぶん親しまれてきました。

話題のキリスト教のニュースを検索すると、検索結果の最初に出てきます。ですから、いつも読んでくださっているクリスチャンだけではなく、キリスト教に関心のある人、一般出版社の編集者やさまざまなメディアの方も、私たちのニュースを見て問い合わせをしてくださいます。

これまでキリスト教出版界で30年近く仕事をしてきた私の考えでは、これは今の時代に合った「文書伝道」です。昔は駅前や集会の時に「トラクト」という伝道用の小冊子を配っていました。しかし今は皆、非常に忙しく、パソコンやスマホで情報を得る時代になりました。そういう人たちに分かりやすくキリスト教のことを伝える働きを今日担っているのが私たちクリスチャントゥデイだと自負しています。

今、日本ばかりではなく世界で起こっているキリスト教のニュースを、クリスチャントゥデイのサイトに来れば、誰もが無料で読めます。その中で、クリスチャンは何をどのように信じて生きているのかが伝わるよう、記者たちは心を込めて記事を書いています。ぜひこの記事を読んでキリスト教についての正しい理解を持ってほしい。できれば、そこで福音に触れて教会に導かれ、神さまに祈りながら歩む幸いな生涯に入ってほしい。教会同士が互いの理解を深め合い、共に手を組んで教会を立て上げていってほしい。そう願いながら記事を配信しています。

ぜひ、あなたもこの働きに加わりませんか。キリスト教の最前線でさまざまな働きについている人のところ、現場に行くことができます。もしクリスチャントゥデイの記者でなかったら会えないような人にも話を聞けます。そして、あなたの書いた記事が世界中の人のところに届けられ、読まれるのです。「記事を読んで教会に来ました」「聖書を読みました」。そんな声に励まされながら、あなたのたまものが神さまに用いられる働きです。

経験は問いません。しかし、文章を通して福音を伝えたい。そういう思いを持っている人にぜひ仲間に加わってほしいと願っています。どうぞお気軽にお問い合わせください。詳しい求人内容はここをクリック

(文:雜賀信行)