2017年4月14日金曜日

妄想が霧散しますように 4月12日の編集会議

このブログを始めようと思ったのは、
一種の編集後記のようなもので、
舞台裏が分かるページがほしかったからです。

「カルト疑惑」を持っている方と話すと、
クリスチャントゥデイは、
怪しげな国際組織からの命令のもと、
資金がジャブジャブ流れ込み、
マインドコントロールされている記者たちが
苛酷な労働環境の中で虚ろな目つきで働かされているような
妄想とも言えるイメージをだいたい抱かれているようです。

それなら、口で説明するより、
このような画像付きのブログで
見てもらうのがいちばん手っ取り早いでしょう。
みんな普通のクリスチャンです。
私が経験してきた現場の中では、
妄想とは逆にいちばん自由度は高く、
いちばん質素です。

今週は受難週で集会やイベントも多く、
非常に忙しい1週間でした。

クリスチャントゥデイでは毎朝、ミーティングをして
今週の何曜日にどれをヘッド記事にするか、
原稿の進捗状況や取材の予定などをシェアして
皆でその日やるべき仕事の優先順位を確認しています。
私が毎朝、ホワイトボードに書き出して
全体像を皆で把握できるようにしています。

ただ、事務所に毎日来ているのは
社長の矢田と編集長の私、編集補佐の内田、記者の坂本の4人だけです。
守田や中橋や池上など在宅の記者もいるので、
彼らとは毎日、電話で同じような確認作業をしています。

論説主幹の宮村と校閲の久田は週2回の出勤です。
そのため、全員が集まって話し合う時間を持っています。
それが毎月2回の編集会議です。

今週の水曜日に編集会議を持ちました。


写真左から守田、雜賀、矢田、宮村、久田、内田です。
この写真をスマホで撮っているのは記者の中橋。
今度は私がカメラ係になって中橋も写真の中に登場する予定です。
池上は欠席で、
坂本はこの時、安藤忠雄展の記者発表会
国立新美術館まで取材に行っていて留守です。

この日もそれぞれの取材スケジュールや企画、
このブログの始め方や、
共同通信社の『記者ハンドブック』に従った用字用語からの例外づくり、
記事の書き方の確認など、
いろいろ話し合われました。